女性の抜け毛

薄毛や脱毛は男性に多い悩みですが、
近年日本人女性も薄毛や抜け毛に悩む人が増えています。
その割合は10人に1人とさえ言われています。
原因はホルモンバランスによる育毛の停滞とされています。
妊娠期は栄養をお腹の赤ちゃんに多く供給することから、
栄養不足による抜け毛を起こしやすいです。
生理周期の鉄分不足もそうですね。

ごく稀なケースとして、ポニーテールの女性は抜け毛や薄毛になりやすいです。
これは機械的脱毛症と呼ばれるものです。
圧迫性脱毛症とも言われ、名前のように髪の毛に圧力を掛け過ぎることで、
栄養が行き届きにくくなり抜け毛が引き起こされます。
サイズの合わない帽子を被ることも発症を助長するので気をつけてください。
この症状も髪の毛を結わえることが多い女性に多く見られます。
男性と女性では抜け毛の原因も大きくことなりますので、
症状に応じた治療、対策を行うようにしましょう。

また女性にも自然脱毛はもちろんあります。
男性と同じで一日に100本程度、季節の変わり目なら300本程度の髪の毛が抜け落ちます。
人間には成人だと10万本の髪の毛が生えていると言われています。
つまり1000本に1本は一日最低抜け落ちる計算になります。
それ以上の脱毛や、先細りの抜け毛、毛根の無い切れ毛など、
成長段階の毛が脱毛した疑いがある場合は注意しましょう。

男性ホルモンによる薄毛が多い男性とは違い、
ホルモンバランスによる影響を女性は受けにくいです。
薄毛や抜け毛も男性ほど多くないのは事実です。
しかし妊娠期のホルモンバランスや、栄養不足、生理時の鉄分不足など、
不健康や不摂生といった以外の疾患・病気系の抜け毛もあります。

こういったケースを防ぐ方法は男性と同様、マッサージや油洗浄などの頭皮ケアであったり、
バランスのとれた食生活、適度な運動です。
ストレスを貯めないことも重要です。
男性と女性ではライフスタイルも変わりますが、
健康を維持するために必要な習慣は同じです。
不摂生などには充分に注意しましょう。

抜け毛が気になるあなたに > 女性の抜け毛